ボッチな社会人見習いの日常

基本は旅行記、グルメ、スポーツ観戦記のブログです。

備後落合 「ドライブインおちあい」のおでんうどんを食す (15/11/22訪問)

景色やダイヤは変わっても、変わらないものもある。

バイクのツーリングも慣れてきた今日この頃。

そろそろ寒さが辛い時期になってきました。

中国山地に雪が降るまでのタイムリミットが迫る中、

私は広島の山のほうにあるお店と駅を目指していました。

 

今回の目的地は備後落合駅おでんうどん

かつて賑わっていたという備後落合駅の今の様子、

そして当時の名物であったおでんうどんを今も近くのドライブインで出しているという情報を知り、向かうことにしました。

 

備後落合駅 - Wikipedia

 

なら電車でいけ、となるかもしれませんが、ツーリングが目的でもあるので仕方ない(?)のです。

 

6時に出るはずが少し寝すぎて8時に出発。

岡山からひたすらに国道180号を北上し新見へ。

この時点で2時間かかりました...

新見ICの近くのポプラでコーヒーと肉まんを購入。

冷えた体に染みますね。(この日の温度は見た限り11~18度くらいでした)

 

そこからは中国自動車道に沿う形で国道182号へ。

道中で道の駅の鯉の窪で休憩。

f:id:kasanike:20151123164038j:plain

 

東城からは国道314号を北に。

国道183号線と合流し、再び分かれるところに「ドライブインおちあい」はあります。

 

f:id:kasanike:20151123164313j:plain

 

正直ここが目的地でなかったら素通りしそうな出で立ちですね...

 

中に入ったら6、7人の家族連れが一組。

お店のおばちゃんは忙しそうにしているのでしばらく待ってからおでんうどんを注文。

 

f:id:kasanike:20151123164757j:plain

f:id:kasanike:20151123165031j:plain

 

結構いろんなメニューがありますね。

おでんうどんは具材を聞かれるかなと思ってたのですが、決まってるみたいです。

待つ間にもちょくちょくお客さんはやってきました。

 

そしてついに到着。

おでんうどん 650円

f:id:kasanike:20151123165317j:plain

隣にあるのは柚子胡椒です。

おでんの具材は玉子、厚揚げ、牛筋でした。

あとはかまぼこ、ネギ、のりが入っています。

 

おでんはしっかり味が染み、冷えた身体に嬉しい一杯。

おつゆも普段食べなれている関東寄りの醤油ベースのつゆとは違い、優しい味でした。

あっという間に完食。

 

一息ついた後、おばちゃんに代金を払ってお店を後にしました。

 

f:id:kasanike:20151123204635j:plain

 

お店のすぐ近くにある標識。

こうしてみるとなかなかに遠いですよね...

f:id:kasanike:20151123204738j:plain

 

そのまま少し戻って備後落合駅へ。

僕のイメージとしては、かつての賑わいがほとんどなく、

ただ交通の要衝であったことを忍ばせる遺構が残るのみだと思っていました。

 

しかし備後落合駅につくと、意外なほどに多くの人がいました。

その理由はコレ。

f:id:kasanike:20151123205545j:plain

 

狙ってたわけでもなく存在も忘れていましたが(一応この列車の存在は知ってます)、

奥出雲おろち号」が出発する目前でした。

3連休の中日であることもあり、見た感じ9割~満席くらいの乗車率でした。

奥出雲おろち号【JR木次線トロッコ列車】 | 出雲の國・斐伊川サミット

 

備後落合駅の時刻表。

 

f:id:kasanike:20151123210224j:plain

 

列車を見送り、ホームを見学、そのままそっとこの場を後にしました。

f:id:kasanike:20151123210709j:plain

 

 

かつての駅を思い、感傷に浸ることもできたのかもしれません。

しかしたくさんの乗客を見て、何だか満ち足りた気分になる自分がいました。

 

f:id:kasanike:20151123211040j:plain

 

帰りは道の駅の「遊YOUさろん東城」、「さんわ182ステーション」に寄りつつ、

福山まで国道182号を南下。

後は国道2号で渋滞につかまりつつ帰りました。

 

今回は、合計で260kmを超えるかなりの距離を走る旅となりました。

また春になったらいろんな所をツーリングしたいです。

 

 

今回の詳しい旅のルートはこちらからもどうぞ。

latlonglab.yahoo.co.jp

 

 

※最後に、この備後落合駅を知るきっかけとなった動画を紹介します。

この場所の空気感の伝わる素晴らしい動画だと思います。

一時期コメが荒れていたのが残念...