ボッチな社会人見習いの日常

基本は旅行記、グルメ、スポーツ観戦記のブログです。

Bluetoothヘッドホンのすすめ

イヤホンを使うときの悩み

かれこれイヤホンを使い続けて7年近く。買い換えたイヤホンの数は数知れず...

その原因のほとんどが断線によって音が聞こえなくなるため。

私の使い方が悪いのがあるのかもしれませんが、(おそらくそれが原因...)

すぐに使えなくなるのはもう面倒臭い...

 

そんな時に、ある一つの考えが脳裏によぎりました。

「あれ...断線が原因ってことは、そもそも線がないワイヤレスヘッドホンにすれば何度も買い替えなくて済むんじゃないか?」

 

Bluetoothヘッドホンの選び方

というわけで僕は、

Bluetooth

ヘッドホン(イヤホンだと無線でも2つのスピーカーを繋ぐ線はあるし...)

信頼できるメーカーのもの(そもそも壊れたらどうしようもない)

そこそこの音質(無線なのであまり期待はしてません)

 

という条件に加えて、

バッテリーが切れたときに有線接続ができるもの

 

を絶対条件としてヘッドホンについて調べました。

そこで候補に挙がったのは4つ。

 

 1、SONY MDR-10RBT(検討当時の実売価格:約26000円)

 

http://www.sony.jp/products/picture/MDR-10RBT.jpg

 上記の条件を完璧に満たしていた理想的なモデル。

上位機種のMDR-1RBTも考えたが(ハイレゾ音源対応!)、値段の関係上断念。

あと重量が軽いのも大きなポイント。持ち運びしやすいのは結構重要だったり。

 

 

 

 2、AKG K845BT (検討当時の実売価格:約32000円)

 

http://akg.harman-japan.co.jp/product/k845bt/gallery/photo01.jpg

オーストリアの有名メーカー。読みはアーカーゲー。

同じく上記の条件を完璧に満たしています。

デメリットとしてはやっぱり値段か。大学生にはきついっすよ...

あと結構ごついサイズなので持ち運びは厳しい?

 

 

 3、 BOSE  SoundLink around-ear Bluetooth headphones (検討当時の実売価格:27000円)

http://www.bose.co.jp/assets/images/consumer_audio/headphones/wireless_headphones/ae2w/main_ae2w.jpg

 アメリカの有名メーカー。半ばブランド化してる気も...安売りしないし。

ダントツの軽さとイヤーパッドの感触は最高クラス。

持ち運びしやすいしケースもついてる親切仕様だけどちょっと小さくて壊れそうなので不安に感じることも。

 

 

 4、PHILIPS SHB7150 (検討当時の実売価格:8500円)

http://images.philips.com/is/image/PhilipsConsumer/SHB7150FB_00-IMS-global?wid=430&hei=430&$jpglarge$

 

オランダに本社を置く多国籍企業。日本ではシェーバー、ノンフライヤーが有名。

1~3との違いは価格の圧倒的な安さ。それでも条件はすべて満たしてます。

弱点としてはイアーパッドが若干薄く疲れやすい、故障などのサポートの弱さか。

 

 

結果として...

4番のヘッドホンを買いました。やっぱ安いんだもの。

これより下の値段のものは上記の条件(特にケーブルの着脱)を満たしていないものがほとんど。これが一番値段と性能のバランスが優れていると思いました。

 

それでも使っているうちに出てきた不満点はいくつか。

ハンズフリー通話の音質...なんか聞き取りにくかったようです。

・音量調節ボタンの不安感...ちょっと反応が悪い印象が。

 

ヘッドホン選びのポイント!

 まず自分にとってどの機能がほしいかよく考えましょう!

私が挙げた条件以外にも、ノイズキャンセリングNFC対応、コンパクトに折りたためるか、音質、etc...

 

条件を言い出せばきりがありません。

長くヘッドホンを愛用できるように、店舗で十分吟味しましょう。

分からなかったら勇気を出して店員さんに聞いてみましょう。

 

ちゃんと選べば日々の生活が楽しくなること請け合いですよ!